2016年12月21日 
Amazon Kindle専用の電子書籍 自由で楽しい起業を実現する じゆたの起業のススメが、当方の予想を大幅に上回る反響をいただいています。
おかげさまで、Amazon Kindle無料書籍ランキング 投資・金融・会社経営部門で1位となりました。(2016年12月13日)
http://amzn.to/2gw26qM


メールマガジンを発行しています。テーマは、自由で楽しい起業を実現するための方法についてをメインに、経営者、事業主の方向けの情報を配信しています。
https://twelfth-ex.com/rg/39452/1/
 
2016年12月11日
Amazon Kindle専用の電子書籍 自由で楽しい起業を実現する じゆたの起業のススメを発売しました。
Kindle読み放題サービスでお読みいただけます。
http://amzn.to/2gw26qM
 
 
2016年12月10日
年末年始のお休みについて 
12月30日から1月4日まで休業させていただきます。
 
 

2016年9月21日
当ページで多数アクセスをいただく、「iPhoneが動かなくなったときの対処法」ページにて、
iPhone7、iPhone7plusから、リセット操作の手順が変更になりましたので、加筆修正しました。
本体右側のスリープボタンと、本体左側のボリューム下げボタンを同時に10秒押すことでリセットができます。
 

2015年12月7日
特定行政書士の付記について
当事務所代表者 鐘築克治が、特定行政書士研修を修了し、特定行政書士の付記を受けました。
 
 

2015年10月29日
地元の鹿島神社のご遷宮事業に賛同し、事務所として寄付をさせていただきました。
 

代表行政書士の鐘築克治が、島根県行政書士会出雲支部副支部長を担当させていただくこととなりました。
 

島根県(出雲市、松江市など主に東部)での会社設立サイトを、行政書士法人Asumiaご協力のもと、運用を開始しました。
 

あすみあグループへの参画について
当事務所は、2013年4月より、あすみあグループに参画しました。
今後、企業向けの許認可サービスの強化、ワンストップサービスの強化に取り組み、相談者様のよりよい
課題解決のお手伝いができるよう、取り組んでいく所存です。

 

 事務所名変更のお知らせ
2013年2月より、事務所名を、「鐘築行政書士事務所」から「出雲あんしん行政書士事務所」に変更いたします。
今後とも出雲あんしん行政書士事務所をよろしくお願いいたします。

auのiPhone5で待ちうたを解除し、元の音(プルル音)に戻す方法

先日、iPhone5に機種変更しました。
今回は、ソフトバンクではなくau。

今回、auのオプション等がいろいろ変更になっていますが、留守番電話サービスの有料化のため、
多くの人が留守番電話、待ちうた、迷惑電話撃退、三者通話の「電話きほんパック」に入っていると思います。

この中で、正直いらないオプションが待ちうた。
このオプションに入ると、自動的に電話相手に対し、クラシックの音楽が流れるようになってしまいます。


普通の「プルルル・・」に直す方法を探してみましたが、ちょっと設定方法がわかりにくいので、
ここでまとめておきたいと思います。



1 auポータルの画面を開き、ログインする
(iPhoneの設定画面からは変更できません)

2 画面一番下から2番目にある、「メール・メルマガ・待ちうた設定」をタッチ

3 待ちうた設定をタッチ

4 待ちうた登録曲の設定・確認をタッチ

5 最初は「ます」標準提供曲が選ばれているはずなので、
下にある「プルル音」をタッチし、「みんなに聴かせる」を選びます。

こうすると、元のプルル音に戻ります。

以上です。

 

 

(ブログより再録)

iPhoneの電源が入らなくなったり、動かなくなったときの対処法(ブログサイトより再録)

iPhoneが動かないときの対処法です。

(2016年9月 追記)

iPhone7、iPhone7plusから、リセット操作の手順が変更になりました。

本体右側のスリープボタンと、本体左側のボリューム下げボタンを同時に10秒押すことでリセットができます。

 

iPhoneの電源が入らないときの対処法の動画はこちら


あるとき、iPhoneを操作しようとすると、電源がつかず、全く反応しない状態に
なったことがありました。

電源やマナースイッチをいじっても、反応無し。

そこで、Googleで検索してみると、appleの公式サイトに、iPhoneの電源が入らないときの対処法が書いてありました。

http://support.apple.com/kb/HT1650?viewlocale=ja_JP#faq1

  1. iPhone の電源をいったん切り、再び電源を入れます。iPhone本体の上側にある「スリープ/スリープ解除」ボタンを、赤いスライダが表示されるまで数秒間押し続け、スライダをスライドします。次に、Appleロゴが表示されるまで、「スリープ/スリープ解除」ボタンを押し続けます。
  2. それでも電源が入らない場合は、iPhone 充電器 に接続し、少なくとも 10 分間充電します。注意: iPhone 3G は FireWire 未対応のため FireWire ベースの電源からは充電できません。
  3. それでも電源が入らない場合は、マナーモードスイッチを切り替えて、バイブになるかどうか確認します。バイブに切り替わる場合は、iPhoneには電源が入っているにもかかわらず、そのように表示されなくなっています。(「画面バックライトが点灯しない、または画面が暗くなる」を参照してください。)
  4. iPhone 充電器に接続して、iPhone をリセットしてみます。Appleロゴまたはバッテリーアイコンが表示されるまで、「スリープ/スリープ解除」ボタンとホームボタンを少なくとも10秒間、同時に押し続けます。バッテリーアイコンが表示された場合は、iPhone が完全に充電されるまで、充電してください。



1から順に試してみた結果、1,2,3は全て失敗。

4の手順を最後に試したところ、無事画面が点灯し、復活しました。

最初、バッテリーが放電しきったのかと思っていたのですが、再起動後にバッテリーの容量を確認すると91%だったので、バッテリーの放電が原因ではなかったようです。

「iPhoneが全く反応しなくなった場合は、スリープボタンとホームボタンを10秒以上長押しする」という動作を覚えておくと、万一動作しなくなったときに便利です。

 


 

 

 


島根県出雲市・松江市など島根県東部での遺言作成・相続手続き相談サイト



Google Public DNSとPage Speedでwebサイトを高速化

Google Public DNSというサービスを簡単に利用できるように設定をしてくれるソフトがあります。

http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20091222_338425.html

設定後に、元に戻すことも簡単にできます。

上記のソフトを利用して、Google Public DNSを使ってみると、以前より明らかにWebサイトの
表示速度が速くなります。

さらに、Firefox用のアドインですが、
Page Speed
http://code.google.com/intl/ja/speed/page-speed/

というソフトも、Web表示を高速化してくれます。

ちなみに、Gigazineには、

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20091204_google_public_dns/


なお、読者からの指摘によると「企業など、ActiveDirectory環境では、DNSでドメインコントローラを探すため、ローカルのPCで設定を変 えると、Windowsドメインにログオンできなくなります」とのことなので、そういう環境下にある人は今のままにしておきましょう。

という記述もあるのでご注意を。

sugarsyncの容量がなぜか一杯になるトラブル現象を解決する方法

PC間でデータを共有できるsugarsyncですが、意外と容量がすぐに上限まで達してしまいます。

当方は50ギガで契約していますが、すぐに上限に達してエラーメッセージが出てきます。

そこで検索して調べてみると・・・・・、

このブログに解決方法が書いてありました。

しかも2行で。

http://tech.kimihiko.jp/article/33836307.html


簡単なことでした。

ゴミ箱アイコンのdelated filesを右クリックし、empty delated filesを選択して、ゴミ箱の中を空っぽにしてやるだけです。


sugersyncの場合、ゴミ箱を自動では空っぽにしてくれず、しかも、変更が加えられたファイルをいちいち保存する仕組みなので、あっという間にゴミ箱の中にファイルの残骸がたまってしまうので、こまめに掃除してやることが必要みたいですね。

SDカード・USBメモリーの容量減少トラブルにSDフォーマッタ

久しぶりに、仕事とは関係のない話です。

SDカードやUSBメモリーを使っていて、ごくまれにですが、SDカードやUSBメモリーの容量が極端に少なくなることがあります。

そんなときの対策として、パナソニックのSDフォーマッターというソフトがあります。
http://panasonic.jp/support/sd_w/download/sd_formatter20.html

詳しい説明はこちらのサイトにあります。
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1003/09/news087.html

このソフトのメリットは、パナソニック以外のSDやUSBメモリーであっても、
フォーマットし、容量を適正な状態に戻せる可能性が高いということでです。

使い方は、容量が正しく認識されていない場合は、[オプション設定][論理サイズ調整]をON
にして、フォーマットをするだけ。

ただし、ソフトの内容が内容ですので、必ず自己責任で、最終手段として
お使いください。

士業のための、0から無理なく始めるインターネット活用法

(この文章は、以前インターネットの活用法について質問された方向けの
アドバイス用にまとめた文章に、加筆修正したものです。)

1.はじめに

 インターネットを仕事に使う
  
  
  21世紀に入ってから、インターネット上で、様々なサービスが生まれています。
  
   特にここ数年は、ホームページ、ブログ(いわゆるインターネット上の日記)
   メールマガジン、mixi(ミクシィ)、モバゲーを始めとするSNS(ソーシャル・
   ネットワーキング・サービス。友人同士で交流ができるサービスです)など、
   数え切れないくらいのWEBサービスが開発され、多くの人に利用されています。
  
   それゆえに、あまりにもインターネットに関する情報が多すぎるという
   問題があります。
  
   「どのサービスを使えばいいのか?」
  
   「どれぐらい費用がかかるのか?」
  
   「そもそも、自分の事務所ではインターネットを活用すべきなのか?」
  
   など、多くの考えが頭に浮かび、結局は、
  
   「まあ、まだ何もしなくていいか」
  
   という結論に至る方も少なくないと思います。
  
   実際、2年ほど前の私自身がそうでした。
  
   私自身、中学生のころからパソコン通信、高校生のころからインターネットを利用し
   て
   いますが、行政書士業務を始めたころは、インターネットを業務に使うという発想は
   なく、Amazonで書籍を購入したり、調べ物をしたりなど、道具として利用していたに
   過ぎません。
  
   しかし、行政書士の仕事や会合などで、首都圏や関西の先生方と話している中で、
   「知名度も実績もない人間が、0から仕事を獲得していくためには、インターネット
   を活用することが不可欠である」という事を強く実感しました。
  
   そこで、2007年ころよりWEBを利用した顧客獲得法について、書籍、セミナーを
   通して学び始め、2008年からブログ、ホームページ、メールマガジンの運用を始
   めました。
  
   まだ大きな実績ではないですが、ある程度のアクセスを集めること、ホームページ
  から相談を頂いたり、仕事を受注すること、インターネットや会合で知り合った方
  から仕事を紹介していただくことなど、様々な形でメリットを享受できるようになり
   ました。
  
   それと共に、複数の方から、
   「インターネットを仕事に活用したいんだけど、なにから始めればいいの?」
   「取引先から『ホームページがないんですね』とよく言われるけど、専門の業者に頼
   んだら数十万かかると言われてしまった。何かいい方法はないの?」
   「ブログというのを開設してみたけど、アクセスが1日数件しか来ない。
   あなたの所みたいにブログに1日数百件のアクセスを集めるにはどうすればいいの?」
  
   など、インターネットに関する相談を受けることが、ここ1年で急激に増えました。
  
   そこで、この文章では、インターネットを普段利用し、これから業務でもイ
  ンターネットを活用していきたいと考えている方に対して、各サービスの活用方
  法、成功事例、失敗事例等をお伝えしたいと思います。

2.ブログ

   □ブログの活用方法と注意点
  
   まずは、「ブログ」について取り上げます。
  
   ブログとは、インターネット上の日記のようなものです。
  
   ブログを作成できるサービスは山ほどありますが、今開設するなら
   アメーバブログがおすすめです。
  
   http://ameblo.jp/
  
   なぜかというと、アメーバブログは、他のブログサービスに比べて、
   アクセス数自体が非常に多いからです。
  
   私自身、ライブドアブログ、FC2ブログなども利用していましたが、
   アメーバブログのアクセスの集まりやすさは、他のブログと比較に
   なりません。
  
   普通のブログだと、せいぜい多くて40,50件のアクセスですが、
   アメーバブログだと、記事の更新数を増やせば、400件から800件
   のアクセスが集まってくることもあります。
  
   アメーバブログの場合、芸能人のブログが多いため、最初は
   芸能人目当てで見に来た人が、「ちょっとついでに他のも見てみるか」
   と、アクセスしてくれやすいこともあるのでしょう。
  
(ただ、アメブロのアクセス解析自体は、実際のアクセスより大きな値が
出やすいという噂もありますので、別にアクセス解析を導入した方がいいでしょう。

   では、ブログには何を書けばいいのでしょうか。
  
   事務所の宣伝でも構いませんし、ちょっとした日記や趣味の話でも
   大丈夫です。ただ、商売っ気が表に出すぎていると、普通の人は
   引いてしまう可能性もあるため、過度な宣伝は控えた方がよいかと
   思います。
  
   もちろん、いい文章を書こうと意気込む必要は、最初はありません。
  
   公に出す文章だから、きちんとしたものを書きたいという気になるのは
   わかりますが、あまり慎重になりすぎるのも考え物です。
   なぜなら、途中まで書いても、結局「やめておくか・・」ということになり、
   次第にブログの更新が滞ってしまいます。
  
   ブログが更新されているうちは、YahooやGoogleの検索にも表示されやすい
   ですが、更新を怠ると、次第に表示されなくなってしまうこともあります。
  
   また、ブログに書く内容についても、多くの人が悩まれるのではないか
   と思います。
  
   例えば、「行政書士だから、行政書士業務の専門的な内容を書かなければ
   いけないのではないか」と考える人もおられるかもしれませんが、
   けして専門的な内容にこだわる必要はないのです。
  
   極端な話、盆栽が趣味で、「こんな盆栽ができました」という内容でもいいのです。
  
   なぜどんな内容でもいいのでしょうか。
  
   理由は2つです。
  
   まず、どんな内容であっても、興味を持ってくれる人はいますし、日常的な
   ことを書いた方が、読み手にも親近感を持ってもらいやすくなることがあげられます。  
  
   もう一つは、ブログを更新する頻度を高めると、YahooやGoogleのような検索エ
   ンジンに、自サイトが表示されやすくなることです。
  
   どんないい文章を書いても、検索エンジンに表示されなければ、通る人の少ないとこ
   ろで
   演説をやっているようなものです。
  
   まずは検索エンジンにひっかかることを心がけ、質より量を追求していくことが
   不可欠です。
  
   □ブログを書く上で気を付けること
  
   ブログを書く上で気を付けなければならないことが一つあります。
  
   それは、「『炎上』を防ぐ」ということです。
  
   「炎上」とは、ブログに批判的なコメントが書かれたり、2ちゃんねるなどの
   掲示板で批判されて、収拾が付かなくなるという現象です。
  
   詳しい事例を知りたい方は、下記の伊地知晋一氏による記事をご覧ください。
  
   http://ascii-business.com/zeisei/blog-enjo/enjo-01.html
  
   私自身は炎上に遭ったことこそありませんが、後で読み返してみて、
   途中で文章を書き直すことや、一度アップした文章を削除することは
   何回もあります。
  
   では、どういう点に気を付ければ、炎上を防げるのでしょうか。
  
  
   1 特定の人、団体の批判は極力避ける。
  
   特に、政治・宗教などセンシティブな問題はできるだけ取り上げないか、
   取り上げるとしたら事象の紹介にとどめ、自分の見解・主義主張は書かない方が
   安全です。
  
   2 炎上しそうになったら、まずお詫び。コメントには誠実に対応。
   ただし、根拠のない荒らし、誹謗中傷は無視し、度が過ぎるときは、
   ブログ運営会社や警察に相談する。
  
   自分に非があると感じたら、率直に誤った方がいいと思います。
   しかし、非がないにもかかわらず、誹謗中傷まがいのコメントを残していく人間も
   いないとは限りません。
  
   そういう人は概して、今の自分がうまくいっておらず、人を貶めることで注目を
   集めたり、自分の地位を相対的に上げようとするかわいそうな人なので、
   相手にする必要はありません。
  
   少し前のことですが、スマイリーキクチさんという芸能人のブログに、
   根拠のない誹謗中傷が書かれ、書き込み者のうち19人が書類送検された
   という事例があります。
  
   度を超えた誹謗中傷であれば、法的措置も視野に入れた方がいいかもしれません。
  
   3 相手がどのように感じるだろうか、ということを常に省みながら書く
  
   同じ文章でも、感じ方は人によって異なります。
   できるだけ、投稿ボタンを押す前に読み返すことをお勧めします。
  
   4 酒を飲みながら書くのはできるだけ控える
  
   どんな人でも、アルコールが入ると気が大きくなったり、感情的になって
   しまいがちです。
  
   酒の席の一言というのは、案外みんな覚えていないことが多いですが、
   ブログの場合は消さない限り後々まで残りますし、ウェブ魚拓というツールで
   記録を取られてしまうと、書き込んだことを消去しても、別の所に記録が
   残ってしまいます。
  
   5 著作権などの法律違反に気を付ける
  
   文章を引用したり、参考にした場合は、必ず引用元を書いたり、リンクを張ることを
   忘れないようにしてください。私自身も、意外とうっかり忘れそうになる
   ことがあります。
  
   なお、私のブログでは、わざとくだけた雰囲気を出すために、島根の吉田君という
   キャラを利用した十六島海苔つくだにのパッケージを写真代わりに利用しました。
   これも、海苔を発売している会社に連絡し、許可を頂いた上で、使わせていただいて
   おります。
  
   以上の点に気を付け、ブログの記事を書くようにしてください。

3.ホームページ

   次はホームページ作成についてです。
  
   ブログに比べると、ホームページは敷居が高いです。
  
   ブログはある程度型が出来上がっているため、直感的に使いながらでも
   何とかなるのですが、ホームページの場合、そうはいきません。
  
   業者に頼むのでもない限り、一から自分で構成を考えたり、ホームページ作成ソフト
   の利用方法をマスターしたり、デザインのテンプレートを探したり、ファイルをサー
   バーにアップロードしたりと、様々なことをやらないといけません。
  
   もちろん時間があるなら勉強するという手もありますが、他の事に時間と労力を
   割いた方がいいでしょう。
  
  
   だからといって、ホームページ業者に丸投げするというのも、初期の作成で数十万の
   費用   がかかったり、更新費用など上乗せの費用がかかるため、
   ランニングコストが大きくなってしまいます。
  
  
   コンテンツを自分で作る分でも、システムそのものは業者に任せた方がいいです。
  
   私が利用しているのは、ブログdeホームページというシステムです。
  
   Yahoo!、Googleのような検索エンジンに引っかかる対策(SEO対策)も行ってくれ、
   また、自動的に携帯電話にも対応したページを作ってくれます。
  
   自分でゼロから開設するより、見栄えがよく、アクセスの集めやすいホームページができるので便利です。
  
   サイトの構成

   余裕があれば、事務所用サイトを中核にし、集客用サイトを複数作るのがおすすめ
  です。
  
   サイトの方向性としては、できるだけ1つのジャンルに絞り、
   あれこれと取り扱わない。
  
   複数の内容を取り扱う場合は、できるだけ個々の内容に特化した
   サイトを作る。
  
   内容証明専門のサイト
   遺言・相続専門のサイト
   会社設立のサイト
  
   更に細分化して、遺言書の書き方を教えるサイト
   遺産分割協議書の作り方を解説するサイト等、細かく、詳細な
   内容に絞り込んでいくとなおよいのではないかと思います。


4.まずやるならどれからはじめるか

   ○まずやるなら、何から始めればいいのか
  
   これまで、ブログ、ホームページ、メールマガジンなどの
   手法を紹介してきましたが、もし、0からインターネットを集客に
   活用しようとするなら、何から始めればいいのでしょうか。
  
   私としては、ブログをお勧めいたします。
  
   理由を述べると、
  
   まず、大抵のブログは利用料が無料で、即日開設できることです。
  
   また、ブログからホームページやメルマガにリンクすると、
   ホームページへのアクセスやメルマガの登録が増えやすくなるメリットもあります。
  
   つまり、敷居が低く、アクセスが集まりやすいのです。
  
   一方、ホームページは運用にある程度の知識が必要です。
  
   また、ある程度見栄えのするホームページを作ろうとすると、
   初期投資が必要です。(10万円程度から)
  
   もちろんお金をかけない方法もあるが、わざわざホームページ
   作成を勉強する時間コストや労力を考えたら、正直割に合いません。
  
   メールマガジンの場合は、発行の審査があり、要領がわかっていないと
  落とされやすいという話も聞きます。
  
   特に最近は審査が厳しいため、とりあえず書いてみよう、だと
   なかなか審査に通してもらえない可能性が高いと思われます。
  
   ですので、「私はあまりインターネットのことはわからないんですが、
   何からすればいいのでしょうか?」と聞かれた場合、私はこのように答えます。
  
   「まず、アメーバブログに登録してください。
   それから、内容は何でもいいので、自己紹介と、できれば事務所の所在地、
   名前も書く。あとは、仕事のことでも、個人的なことでもいいから日記を書く。
  
      きちんとした内容を書こうとすると、プレッシャーになって続かない
   ですから、まずは、とりあえず書けばいいんだ、という気楽な気持ちで
   書いてみてください。。
  
   あと、硬い文章は、読者に引かれます。
   ネットユーザーは、2秒、3秒で読むか読まないかを決めます。
   やたらとお堅い文章が並んでいると、見る人が引いてしまいます。
  
   それから、行政書士や他の士業の方が書いてあるブログを読んで、
   あいさつやコメントをしたり、読者登録をするといいでしょう。
   いろいろなブログやホームページを見ていると、『こういうふうに
   書けばいいんだな』というコツが何となくわかってきますので、
   そこから、専門的な内容のブログなり、ホームページ、メールマガジンの
   作成を考えるというふうに、段階を踏んで進めていけば十分です。」


5.これからやりたいこと
  
   これからやりたいこと、直したいことを挙げると、

   ○ホームページのコンテンツが、集客という観点からはまだ論外。
  
   ○ターゲットがいまいち絞り切れていない

   ○コンテンツの量がまだ不十分
  
   ○相談までの敷居が高いので、敷居を下げられないか
  
     
   ○理想的なパターンは、向こうが最小限の問い合わせで申込みをしてくれる
    コンテンツを整備できないか。
  
  などがあります。

  
   また、やりたいこと、目標として、
  
   ○事務所のニュースレターを作る
  
   ○単純にアクセス数、読者数をアップさせる。
  
   ○目標はまず今年のうちに10万アクセス。3年で50万アクセスが目標

  ○webからの成約を毎月コンスタントに得るようなページ構成を作る

 などが、あります。

 試行錯誤の段階ですが、是非実現させていきたいです。

Z.終わりに

   これまで様々な手法を紹介しましたが、
   一番大切なのは、気軽に始めて、こつこつと続けることです。
  
   ブログにせよ、メールマガジンにせよ、ホームページにせよ、
   広告を利用した場合は別ですが、普通はなかなかアクセスや
   読者数が伸びません。
  
   しかし、半年なり1年、2年と続けて、文章を書きためていくと、
   アクセスが急に伸びるときがきます。
  
   ですので、最初はアクセス数を気にせず、自分が書きたいことを
   気楽に書いて、「ネット向けの文章を書く」ことに慣れるつもりで
   いれば十分です。

  ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

アンケートのありがたさ

当事務所では、利用者の方にアンケートをお願いしております。


本音を言ってしまうと、仕事で一番緊張するのは、仕事を始める時と、仕事が完了し、請求書を出させて頂くときです。

仕事を始めるときは、「この仕事はどのようにして着手し、どのようなゴールに達すればお客様の要望を満たすことができるのか」を定めなければなりません。

最初の方向付けに不備があると、仕事の完了までに大きな回り道をしてしまうことになります。

また、仕事を終え、請求書を出すときも、「時間・手間・交通費等実費を踏まえて適正な価格」を請求させていただくよう勤めていますが、特に個人の方にとって、けして安い価格ではありません。

そのため、「頂いた価格を上回る、依頼者の手間の軽減・サービスを提供できているか?」ということは、いつも気になっていることであります。

そのため、アンケートに「相談してよかった」「問題が解決できて安心した」と書いてあると、大きな心の支えになります。

一方で、ここがここを改善して欲しいという意見をいただけることも、嬉しいです。

いいことにせよ、改善して欲しいことにせよ、意見を述べるにはそれだけの相手への関心があり、時間を手間を掛けなければできません。

利用者の皆様から頂いたご意見を、きちんと業務にフィードバックしていきたいと思います。

仕事の喜び+外部へのアピール

昨日、県の行政書士会出雲支部の中心的な方々と、酒を飲みながらお話をさせていただく機会がありました。

その中で出てきた話が、「仕事の喜び」について。

仕事がうまくいって、お客さんから「ありがとうございます!」と喜んでもらえると、本当に嬉しい。

それは、数十年活躍するベテランの方でも同じだそうです。

私自身、最近いくつか大きな仕事、難しいと思われた仕事を、依頼者の方や他の専門家の方の協力を受けながら完了させたときは、大きな達成感がありましたし、依頼者の方、当事者の方からお礼を言われたときは、本当に嬉しかったです。


一方で、行政書士の業務をもっと世間に認知してもらい、気軽にアクセスしてもらえるような、世間へのアピールの必要性も感じました。

特上カバチのような、行政書士の仕事をテーマにしたマンガ・ドラマはありますが、やはり行政書士の仕事が世間に認知されているとはまだまだ言い難いところもあります。

行政書士が個人や企業にとって力になれる知識を蓄え、積極的に外部へアピールしていかなければ、と思うこの頃です。

相続税が必要な人は意外と少ない?税率の定額控除

税率の定額控除という仕組みがあります。

この仕組みは、被相続人の配偶者が実際に受け取ることとなった遺産額が、次のどちらか多い金額までは、配偶者に相続税がかからなくなる制度です。

1 1億6000万円
2 配偶者の法定相続額相当分

金額だけあげてもなかなかピンと来ないかも知れません。

例を挙げると、

妻の相続財産が1億6000万以内→相続税はかからない

1億六千万を超えているが、法定相続分以内→相続税はかからない


ですから、子供に相続する場合と比べて、優遇されているんですね。

この制度の趣旨は、亡くなった人の旦那さんや奥さんの生活をきちんと保障したい、
遺産を形作る上で、パートナーの貢献も踏まえて相続させてあげたいという趣旨から生まれたものです。

注意すべきは、「相続税の申告期限までに、配偶者に分割されていない財産は、相続税額軽減の対象にはならない」ということです。
例外として、申告期限から3年以内に分割したときは、税額軽減の対象となります。

また、やむを得ない事情により、税務署長の承認を受けた場合は、その事情がなくなった後、4ヶ月以内に分割されたときも、相続税額軽減の対象となります。

大切なのは、このような控除の仕組みがあることを知っておくことです。
その上で、専門家である税理士にきちんと相談すること。

自分の感覚だけで判断すると、使えないのに使えると思ったり、逆に、使えないと勘違いして、せっかくの制度を利用せず、相続税が軽くなるチャンスを逃してしまうことになります。

ぜひ、お近くの税理士の先生にご相談ください。

Adobe AcrobatやAdobe Readerで、紙やインクを節約して印刷する方法

Adobe AcrobatやAdobe ReaderでPDF文書を読む際、印刷して読む方も少なくないかと思います。

普通に印刷すると、かなりのインクと紙を消費しますが、ちょっと設定を変更するだけで、紙を節約して印刷する方法があります。

気づけば簡単なことなのですが、意外とわかりにくいので、そのやり方を書いておきます。

印刷画面を呼び出す→左側の真ん中に、ページ処理という項目があるので、そこの「ページの拡大、縮小」を選択→プルダウンメニューで、1枚に複数ページを印刷を選択→1枚当たりのページ数で4を選択。

このように設定すると、印刷枚数を4分の1に減らし、結果として紙、インクを節約できます。

ただし、字がかなり細かくなりますので、心配な方は最初の4ページだけを印刷して、読めるかどうか試してからのほうがよいかと思います。