2016年12月21日 
Amazon Kindle専用の電子書籍 自由で楽しい起業を実現する じゆたの起業のススメが、当方の予想を大幅に上回る反響をいただいています。
おかげさまで、Amazon Kindle無料書籍ランキング 投資・金融・会社経営部門で1位となりました。(2016年12月13日)
http://amzn.to/2gw26qM


メールマガジンを発行しています。テーマは、自由で楽しい起業を実現するための方法についてをメインに、経営者、事業主の方向けの情報を配信しています。
https://twelfth-ex.com/rg/39452/1/
 
2016年12月11日
Amazon Kindle専用の電子書籍 自由で楽しい起業を実現する じゆたの起業のススメを発売しました。
Kindle読み放題サービスでお読みいただけます。
http://amzn.to/2gw26qM
 
 
2016年12月10日
年末年始のお休みについて 
12月30日から1月4日まで休業させていただきます。
 
 

2016年9月21日
当ページで多数アクセスをいただく、「iPhoneが動かなくなったときの対処法」ページにて、
iPhone7、iPhone7plusから、リセット操作の手順が変更になりましたので、加筆修正しました。
本体右側のスリープボタンと、本体左側のボリューム下げボタンを同時に10秒押すことでリセットができます。
 

2015年12月7日
特定行政書士の付記について
当事務所代表者 鐘築克治が、特定行政書士研修を修了し、特定行政書士の付記を受けました。
 
 

2015年10月29日
地元の鹿島神社のご遷宮事業に賛同し、事務所として寄付をさせていただきました。
 

代表行政書士の鐘築克治が、島根県行政書士会出雲支部副支部長を担当させていただくこととなりました。
 

島根県(出雲市、松江市など主に東部)での会社設立サイトを、行政書士法人Asumiaご協力のもと、運用を開始しました。
 

あすみあグループへの参画について
当事務所は、2013年4月より、あすみあグループに参画しました。
今後、企業向けの許認可サービスの強化、ワンストップサービスの強化に取り組み、相談者様のよりよい
課題解決のお手伝いができるよう、取り組んでいく所存です。

 

 事務所名変更のお知らせ
2013年2月より、事務所名を、「鐘築行政書士事務所」から「出雲あんしん行政書士事務所」に変更いたします。
今後とも出雲あんしん行政書士事務所をよろしくお願いいたします。

島根日日新聞に掲載されました

島根日日新聞 2010年3月14日号(日)の第2面に、4分の1近くのスペースを占める大きさで、取材記事を掲載頂きました。

なお、本文中の内容、表現につき、2カ所訂正があります。

司法書士→行政書士

メールアドレス→msk→ask

また、費用については、公証人役場で行う公正証書遺言
作成の費用も含めたものとなっております。

CCF20100317_00002.png(島根日日新聞 取材記事へのリンク)
http://www.shimanenichinichi.co.jp/kiji/show/11804

携帯からだと閲覧できないことがありますので、
島根日日新聞のサイトから引用したものを貼らせていただくと、

行政書士の仕事は官公庁への許認可申請などに必要な書類作成が主なもので、人脈や地 縁で仕事を得ている人が多い。これに対し出雲市武志町に事務所を置く鐘 築克治さん(30)は、遺言書作成を主業務とし、営業はインターネットを活用という新しいタイプの行政書士だ。
 中央大学法学部在学中に行政書士(本文では手違いで司法書士になっていました。全 然司法書士は勉強していません)の資格をとり、JAいずも勤務を経て二十六歳で開業。JAで外勤をしていた時の経験などから、遺言を作りたい 人、作ったほうがいい人が多いことに気付き、事務所開設当初から遺言作成を積極的にインターネット上でアピール。その結果、作成依頼が年々多くなり、今で は仕事の三割以上が遺言作成や相続に関わる仕事になっているという。
 依頼人は、六十歳前後が約半数と最も多い。「余裕のあるうちに」と考える人が多い という。「妻や子どもへの感謝の気持ち」を遺言書の付言事項と して加える人がほとんど。何度か面談しながら付言事項をまとめていく。依頼者は、子どもに話をするような気落ちになっていくのだという。
 鐘築さんは、「遺言書作成は、その人の人生の凝縮した一点に立ち会うこと。とても とても大きな緊張感と感銘を受ける」と話す。そして、依頼者に は、何か大きな荷物を降ろしたような雰囲気が漂うという。
 遺言書には二通りあり、一つは自分で作る自筆証書遺言、もう一つは公正証書遺言。 後者は▽裁判所の検認が不要▽公証人などの立会人を立てるな ど、トラブルがあった時の証拠能力が高い▽様式不備で無効になることが無い▽原本を公証人役場で保管するので安全││などの利点がある。ただし手数料が必 要で、鐘築さんの場合は、例えば八千万円の遺産を二人に相続させるケースで十三万円程度だという。
 鐘築さんのホームページでは、メールフォームによる相談や、よくある質問と回答な どが準備されているので、一読しておくと参考になる。電話・ メールだけでなくスカイプを使い、顔を見ながらの相談もしている。 
 三月末まで、本紙読者に対し、下記電話、ファクス、メールで予約をすれば、初回に 限り無料で相談にのる。
 問い合わせは、〒693・0014 島根県出雲市武志町39・1 鐘築行政書士法 務事務所/行政書士鐘築克治さん 電話(0853・31・ 6660)。ファクス(050・3488・5493)。予約専用 0120・976・507。メール(ask@gyosei.bz)。
ホームページは http://www.izumo-gyosei.jp 

というふうに、見事に私の取材を丁寧にまとめてくださいました。

「遺言書作成は、その人の人生の凝縮した一点に立ち会うこと。とてもとても大きな緊張感と感銘を受ける」と話す。そして、依頼者には、何か 大きな荷物を降 ろしたような雰囲気が漂う

という部分については、特にうまく表現して頂けたな、と思います。

島根日日新聞の記者の方には非常にお世話になりました。


イー総研の講演.com と講師.com に登録

日本最大級の講演依頼サイトである、イー総研の講演.com講師.com に登録させていただきました。

出雲の行政書士 講演.com

出雲の行政書士 講師.com

きっかけは、先方の担当者の方から、「登録されませんか」というお誘いメールを受けたこと。

サイトを見て驚いたのですが、有名な方の多いこと。

ワークライフバランスでおなじみの小室 淑恵 氏、元よみうりテレビアナウンサーの羽川 英樹 氏、
ITジャーナリストの佐々木 俊尚 氏、さらには、金ピカ先生東海林のり子 氏など、個性ある方々ばかりです。

元々青春18きっぷとスカイメイトで全国を回っていた旅好きな人間ですので、全国どこでも講演のお話があれば飛んでいきたいと思います。


県外ですが、事情があり、こちらの事務所が良いと思ったのがきっかけです。 大分県 M.K様

(プライバシー保護のため、固有名詞については掲載しておりません。)

□鐘築行政書士事務所に依頼されたきっかけについて

相続の件で、ご相談したかった。
HPで、先生は遺産相続に関してお詳しいのと、詳細な手続の仕方等、わかりやすかった。

県外ですが、事情があり、こちらの事務所が良いと思ったのがきっかけです。

□実際にご利用されてのご感想・満足度を教えてください

限られた時間でしたので、正直ゆっくり1時間くらいはお話ししたかった。
しかし、こちらのあらかじめ用意していた質問には、的確に教えてくださり、わからないところは、本を見られたりし、曖昧さがなく、信頼できる方だと思いました。

□利用を迷っておられる方へメッセージをお願いいたします

”遺産、相続”は、あらたまって本人、当人同士では話しにくいモノですが、行政書士さんなど間に入られるとスムーズになるし、素人ではわからない”法”があるので、まずは、相談なさるといいと思います。


Kさん、お忙しい中アンケートにご協力頂きありがとうございました!

また、遠いところより当事務所までいらしていただき、ありがとうございました。

頂いたお茶菓子、おいしく頂戴させて頂きました。

非常に心残りだったのが、1時間後に別の予定が入っており、時間いっぱいまでお答えするのができなかったことです。

また、時間をかけてでも、根拠をもった回答をしたいということで、不明確な場合・わからない場合は「調べてからお答えする」ようにしております。

M.K様、ありがとうございました。

WEBマーケティング総合研究所 代表 吉本俊宏様のメールマガジンにて、 当ホームページが紹介されました

先日、WEBマーケティング総合研究所 代表 吉本俊宏氏の、
ブログdeホームページ経営塾メールマガジン
http://www.blogdehp.co.jp/37/37_index.asp

にて、当事務所のホームページをご紹介いただきました。


鐘築さんは、島根県出雲市で行政書士事務所を営んでおられる会員さま
で、約1年ほど前から【ブログdeホームページ】をご利用いただいてい
ます。

以前は自作のホームページを運営されていたとのことですが、更新に手 間がかかるため「放置状態」になっていたというホームページを、【ブ ログdeホームページ】でリニューアルしていただきました。
充実したホームページのコンテンツもさることながら、メールマガジン を発行されたり、ホームページへの要望を積極的に募集したりと、数々 の工夫をされています。
◆実は心理的負担が大きい「紹介」
さて、鐘築さんはお便りの中で次のようにおっしゃっています。 また、ホームページを作っていない時は、周囲の人から「今何やっ てるの?」と聞かれると、1から説明をしなければいけないという 状況でしたが、現在は、「遺言・相続が専門です」ということを周 囲にわかっていただけるようになり、結果として紹介経由の相談を 頂くことも増えました。
つまり、ホームページを作成したことにより、
・業務内容が分かりやすく伝えられるようになった ・その結果「紹介」が増えた
ということなのですが、これはなぜなのでしょうか?
行政書士や税理士といった士業さんにとって、顧問先などの開拓に不可 欠なのが「紹介」です。
しかしながら、この方法は紹介「する側」と「される側」の双方に心理 的負担が大きいのです。
皆さんも経験があるかもしれませんが、紹介される側は、紹介された先 生が合わない時に断りにくいですし、紹介する側も、あまり下手な先生 は紹介できません。
ですから紹介される側としては、 「できれば紹介ではなく、自分で優秀な先生を探したい」 というのが本音ですし、紹介する側としては、 「紹介したいけど、合わなかったら申し訳ない」 と思っています。

このように、どちらにとっても苦労が多いですから、紹介というのは思 うようにうまくいかないものなのです。
◆ホームページを作成したら「紹介」が増えた!

このような時に便利なのが、ホームページです。
紹介してくれる人に、 「いい先生がいるから、一度会ってみたら」 と、いきなり面談に誘導してもらうのではなく、 「いい先生がいるから、一度ホームページを見てみたら」 というように、まずは「ホームページ」を紹介してもらうのです。
その上で、その人のニーズに合っていそうであれば、実際の紹介へとつ なげていけばよいわけです。
この方法なら、紹介する側は、ホームページを紹介するだけで済みます し、紹介される側も、ホームページを見た上で会うかどうかを判断でき ますので、心理的にずいぶんと楽になります。
このように、ホームページを作成し、「紹介に必要な情報」を掲載して おくことによって、ホームページを「紹介ツール」として利用しましょ う。
鐘築さんの場合も、ご自身の得意分野やサービス案内はもちろん、事務 所概要やプロフィールなどの「紹介に必要な情報」が詳しく掲載されて います。
会わなくても、ホームページを見れば専門性からお人柄までがよく分か りますから、これらが結果的に紹介につながっていると考えられますね。 もちろんこれは士業さんのホームページに限ったことではなく、例えば クチコミが重要な業種などでも同じ効果が発揮できるでしょう。
皆さんも、鐘築さんのホームページを参考に、どんなコンテンツを用意 したらよいかを考えてみてくださいね。\(^^)√
■鐘築行政書士事務所さま
http://www.izumo-gyosei.jp/



遺言書の作成を御願して良かったと思います 松江市のご利用者からのご意見

島根県松江市の方からいただいたアンケートシートです。

松江の公証人の竹内先生にご協力頂き、公正証書遺言を作成させていただきました。

非常に心に残る、やりがいのある仕事でした。

CCF20100212_00001.png



2,当事務所に依頼した理由

遺言書の作成を御願して良かったと思います

3,当事務所を利用して良かったこと

○今回の遺言作成に当って、良い先生をを紹介してもらったり又た先生の対応が大変良かったので助かりました

○携帯電話が留守電に成っていてもすぐ折返し返事が早く帰ってきて良ったです

4,サービスの改善点について

現在の次点で改善、サービス、等の点で思いあたる所は有りません。

松江市 K様 書類作成に関して

2010年11月12日20時57分34秒.jpg

松江市 K様より、アンケートを頂きました。

この案件では、非常にこちらが反省すべきであり、K様に対し申し訳ない点がありました。

こちらの値段の提示に手違いがあり、結果としてK様に不安を与えてしまうことに
なったため、お詫びの意味で、価格を調整して対応させていただきました。

以後、

1 事前に「どこまでできるのか」を書面で明確にする

2 やりとりを極力ICレコーダーで記録し、当方の手違いで相手にご迷惑がかからないように心がける

3 業務説明を必ず全ての相談者の方に行う

という3点を、徹底するように心がけております。

K様にご指摘をいただいたことを、感謝いたします。

大田市 W様

2010年11月12日20時43分17秒.jpg
W様から相談を頂いたのは、日曜日、友人の結婚式のために東京にいた時でした。

ご連絡をいただいた際の様子から、早いうちにお話を伺うことが最善と思い、
空港に着いた後、そのまま出雲の面談場所へ向かいました。

じっくりとお話しを伺いましたが、内容から他の先生に紹介すべき案件と判断し、
弁護士の先生に紹介させていただきました。

ただ、少しでも相談者の方の心理的負担を減らす事ができたようなので、
その点については良かったと思っています。

出雲市 Y様

2010年11月12日20時45分38秒.jpg

公正証書遺言を作成させていただいた際のアンケートです。

遺言を作成された後に、非常に安心された様子だったのが、強く印象に残り、
またとても嬉しく思っております。

2013年度 島根県行政書士会 新入会員研修で講師をさせて頂きました

2013年2月5日、島根県行政書士会新入会員研修で講師をさせていただきました。

 

 

DSCF1733_R.JPG

今回は、アドバイザーとして広島県の行政書士法人Asumia 崎田和伸先生にお越し頂き、行政書士を取り巻く環境、経営と実務の問題などを凝縮してお話し頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1738.JPG

また、私鐘築も、45分の時間をいただき、事務所経営についてお話しさせていただきました。

 

 

 

 

 

当日は二十数名、新規開業された方だけでなく、税理士・司法書士兼業の方、DSCF1734_R.JPGベテランで十年、二十年と事務所経営をされている方など、幅広い方にお集まり頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

内容を詰め込みすぎたため、非常に駆け足で、説明不足な点も多々あったかと思いますが、最後まで皆様にご静聴いただき、改めて感謝申しあげます。

DSCF1731_R.JPG