大学職員に就職・転職はやめとけ?新卒者は特にこんなハズじゃなかった「現実」をチェック!

スポンサーリンク

こんにちは!いずもです!

 

皆さんは大学職員の就職・転職で困っていないでしょうか?大学職員という職業は、高い専門性が求められる分野であり、社会や学術界において重要な役割を担っています。

 

しかし、近年では、大学職員に就職・転職はやめとけと言われることがあるように、楽な仕事ではないという意見が広がっています。

 

そこで本記事では、大学職員について、就職・転職した際の後悔や、向いている人の特徴、新卒で大学職員になるメリット、国立大学職員の辛い実態、事務の仕事内容など、さまざまな観点から解説し、最終的に就職・転職をした方が良いのかについて紹介をしていきます。

 

 

やめとけ(止めとけ)とは?
わかりやすく解説 - Weblio辞書
 

 

 

大学職員に就職・転職はやめとけとは本当?

 

大学職員という職業について、やめとけと言われることがありますが、それは真実なのでしょうか。結論から言えば、大学職員は向いている人もいれば、向いていない人もいます。

 

学職員を目指す前に、自分自身の性格や適性を見極めることが大切です。

 

大学職員は、事務作業や講義準備などがメインの仕事で、比較的楽な仕事だと言われます。しかし、それは全ての大学職員に当てはまるわけではありません。

 

また、大学職員は、研究者としての活動も求められることがあり、研究成果を出さなければならない場合もあります。

 

そのため、自己管理能力が高く、研究に情熱を持ち、長期的な視野で物事を考えることができる人が向いていると言えます。

 

参考:大学職員を辞めたい5つの理由とは。おすすめの転職先3選や円満退職の4つのコツを解説

 

大学職員からの転職は後悔するかもしれない

大学職員を辞めて、転職する場合、後悔する可能性があります。

 

というのも、大学職員は他の一般企業と比較して、福利厚生が充実しており、仕事の内容も比較的楽であることが多いからです。

 

しかし、その一方で、大学職員の待遇は全体的に低く、また、職場環境や上司の人間関係など、ストレスを感じることもあるでしょう。

 

特に、大学職員の中でも、研究者としての活動が求められることが多い国立大学職員は、私立大学職員と比較して、待遇が低く、労働時間も長いと言われています。

 

研究成果を出すことができなければ、評価が下がる可能性があります。そのため、研究に情熱を持ち、自己管理能力が高い人が向いていると言えます。

 

 

経理に就職・転職はやめとけ?こんなハズじゃなかった「現実」をチェック!

経理に就職・転職はやめとけ?年収やこんなハズじゃなかった「現実」をチェック!

スポンサーリンク   こんにちは!いずもです!   経理への就職・転職を考えているけど、ネットで「経理に就職・転職はやめとけ」といった情報があり就職するか悩んでいる人も多いのではな ...

続きを見る

 

 

大学職員に向いている人

大学職員に向いている人は、以下のような特徴を持っていることが多いです。

  • ゆとりを持って働ける人

大学職員に向いている人は、ゆとりを持って働ける人や知的好奇心が旺盛な人、人と接することが好きな人、研究に情熱を燃やす人が多いと言えます。

 

大学職員は、比較的楽な仕事が多いとされますが、研究者としての活動も求められることがあり、研究成果を出さなければならない場合もあります。

 

そのため、自己管理能力が高く、研究に情熱を持ち、長期的な視野で物事を考えることができる人が向いていると言えます。

 

  • 知的好奇心が旺盛である人

大学職員に向いている人は、知的好奇心が旺盛な人です。

 

一般的に、大学職員は、研究や教育に情熱を持ち、学生や社会に貢献することを目指す人が向いています。

 

また、大学職員は、学生や同僚とのコミュニケーションが重要なため、人と接することが好きな人も向いています。

 

さらに、大学職員には、学生との関わりが多いため、子どもや若者と接することが好きな人も向いていると言えます。

 

大学職員に向いていない人には、自己管理能力が低い人、研究や教育に情熱を持てない人、比較的安定した職場環境で働くことに不満を感じない人が含まれます。

 

  • 人と接することが好きな人

大学職員に向いている人は、人と接することが好きな人です。

 

大学職員は、学生や社会に貢献することを目的としているため、社会の課題に興味を持ち、問題解決能力を身につけることが大切です。

 

また、大学職員には、研究や教育を通じて学生たちを育成することが求められます。

 

そのため、教育理念をしっかりと持ち、学生たちと向き合うことが重要です。

 

大学職員の仕事は、研究や教育に加え、学生や社会とのコミュニケーションも重要です。

 

そのため、コミュニケーション能力や問題解決能力など、幅広いスキルが求められます。

 

  • 研究に情熱を燃やす人

大学職員という仕事は、研究や教育に情熱を持ち、学生や社会に貢献することを目指す人が向いています。

 

また、学生や同僚とのコミュニケーションが重要なため、人と接することが好きな人も向いています。

 

参考:大学職員適性診断

 

大学職員に向いていない人には、以下のような特徴があります。

  • 自己管理能力が低い人

大学職員は、研究者としての活動も求められることがあるため、自己管理能力が低い人にとってはストレスがたまりやすいです。

 

  • 研究や教育に情熱を持てない人

大学職員は、学生や社会に貢献することを目的としているため、研究や教育に情熱を持って取り組むことが求められます。

 

  • 比較的安定した職場環境で働くことに不満を感じない人

大学職員は、一般企業と比較して、福利厚生が充実していることが多く、比較的安定した職場環境で働くことができます。そのため、リスクを冒してまで転職する必要がないと感じる人にとっては向いていないかもしれません。

 

 

不動産に就職はやめとけ!えっなぜ??その理由をしっかりチェック!

不動産関係に就職・転職はやめとけ!えっなぜ??その理由をしっかりチェック!

スポンサーリンク こんにちは!いずもです!   不動産関係への就職・転職を考えているけどSNSや周りの人から不動産業界に就職・転職はやめとけと言われて悩んでいる人も多いのではないでしょうか? ...

続きを見る

 

 

新卒で大学職員になるメリット

 

大学職員は、一般企業と比較して、福利厚生が充実していることが多いです。

 

また、大学職員は、研究者としての活動も行うことができるため、学術的な知識やスキルを身につけることができるメリットがあります。

 

参考:【大学職員のメリットはこれだ!】日本で最高の仕事=大学職員【現役大学職員の体験談】

 

大学職員の中でも、事務の仕事がメインな職種もあります。大学職員の事務の仕事内容は、以下のようなものがあります。

  • 講義の準備や資料作成
  • 学生の受け付けや相談対応
  • 採用試験の運営
  • 会議の運営や議事録作成

 

大学職員の事務の仕事は、比較的楽なものが多いですが、やはり職場環境や人間関係によってはストレスを感じることもあるでしょう。

 

国立大学職員の辛い実態

国立大学職員は、私立大学職員と比較して、待遇が低く、労働時間も長いと言われています。

 

また、大学職員の中でも、研究者としての活動が求められることが多く、研究成果を出すことができなければ、評価が下がる可能性があります。

 

一方で、国立大学職員の中には、専門性の高い研究者や教育者が多く、その分野での地位や名声を得ることができる可能性があります。

 

のため、研究に情熱を持ち、長期的な視野で物事を考えることができる人にとっては、国立大学職員としてのキャリアも魅力的なものとなるでしょう。

 

大学職員に求められるスキル

 

大学職員に求められるスキルは、以下のようなものがあります。

  • 専門的な知識やスキル
  • 研究能力
  • 教育能力
  • 人間関係構築能力
  • コミュニケーション能力
  • 問題解決能力

先述の通り、大学職員としての仕事は、研究や教育に加え、学生や社会とのコミュニケーションも重要です。

 

そのため、研究者としての専門性とともに、コミュニケーション能力や問題解決能力など、幅広いスキルが求められます。

 

まとめ

大学職員は、高い専門性が求められる分野であるため、自分自身の能力を引き出す機会が多く、やりがいを感じると同時にストレスを感じることもあります。

 

大学職員を目指す前に、自分自身の性格や適性を見極め、自己管理能力やコミュニケーション能力を身につけることが重要です。

 

また、大学職員には、研究や教育に加え、社会に貢献することを目的とした仕事が求められます。

 

そのため、社会の課題に対して興味を持ち、問題解決能力を身につけることも大切です。

 

また、大学職員には、研究や教育を通じて学生たちを育成することも求められます。

 

そのため、教育理念をしっかりと持ち、学生たちと向き合うことが重要です。

 

さらに、大学職員は、大学が抱える課題に向き合い、解決策を提案することも求められます。

 

そのため、常に最新の情報を収集し、自己研鑽に努めることが必要です。

 

 

この職種に就職・転職はやめとけ!失敗しないためのポイントはコレだ!!

この職種に就職・転職はやめとけ!失敗しないためのポイントはコレだ!!

スポンサーリンク [no_toc] こんにちは!いずもです!   就職・転職の職種を決めるのって、ホントに大変ですよね…。私も就職を決めるときにはとても悩んだり迷ったりしていました。そんな中 ...

続きを見る

 

「就職・転職」のいろいろな悩みを解決!良い就職活動にするポイントはコレ!

「就職・転職」のいろいろな悩みを解決!良い就職活動にするポイントはコレ!

スポンサーリンク こんにちは!いずもです!   誰もが経験する「就職」。でも、この就職(転職も含め)を良いものにするにはいろいろな苦難を乗り越える必要があります。   また、その苦 ...

続きを見る

 

就職条件で優先すべき重要項目の順位ランキングはコレっ!!

 

いずも
この他の記事は、いずもぶろぐ「HOME」からアクセスしてね!

 

いずもぶろぐ「HOME」