葬儀屋はやめとけ?きつい理由4つと葬儀屋に向いている人を紹介!

葬儀参列前に焼香の仕方をおさらい!手順や「おしいただき」も|喪主24時

こんにちは!いずもです!

 

葬儀屋に就職を考えているけど、周りの人やSNSでは「葬儀屋 やめとけ」と言った情報があり悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

今後少子高齢化社会に突入していく中で、葬儀屋の需要が増えていくと予想されていますがなぜ葬儀屋はやめとけと言われているのか気になる人も多いはず。

 

そこで今回は葬儀屋に就職したいと考えている人たちへなぜ葬儀屋はやめとけと言われてるのか理由を紹介していきます!

 

いずも
葬儀屋で働くやりがいや向いている人なども合わせて紹介するね!

 

こんな方におすすめ

  • これから葬儀屋に就職を考えている人
  • 葬儀屋はやめとけの理由を知りたい
  • 葬儀屋で働くやりがいなどが知りたい

 

結論から先にいうと、、

 

葬儀屋はやめとけの理由

  • 人の死に直面するので精神的に病む
  • 不規則な勤務体系なので体力的にもつらい
  • 葬儀屋で働くというネガティブなイメージが強い
  • 人の死を扱うので気を遣うことが多い

 

いずも
それではここから、いずもが詳しく解説していくよ!みんなついてきてね!

 

 

スポンサーリンク

[葬儀屋に就職するのはやめとけ]やめとけと言われている理由

Is your office shouting ‘No’? - Whitespace Consultants

いずみ
葬儀屋さんの仕事ってどんなことをするんだろう???

 

いずも
葬儀屋さんの仕事は主にこのようなことをしているよ!

 

葬儀屋の仕事内容

  1. 葬儀の依頼を受ける
  2. ご遺体のお迎え、安置
  3. 遺族とお通夜、葬式の打ち合わせ
  4. お通夜の手配
  5. 葬儀、告別式の手配
  6. 葬儀後のアフターフォロー
  7. その他遺族からの依頼を受けて対応する仕事

 

葬儀屋という仕事は人が亡くなった段階で病院や遺族の人から連絡を受け、お葬式の依頼を受けるところから仕事が始まります。

 

ご遺体をお迎えに上がってからは、葬式の段取りや全体の進行、お通夜や仏壇の手配を行い火葬までのサポートを行っていく仕事です。

 

また人が亡くなる時間は誰にも分からないので、基本的に葬儀屋は24時間体制で勤務を回していることが多いです。

 

こうした仕事内容である葬儀屋への就職がなぜやめとけと言われているのか調べてみるとこのような声があることが分かりました。

 

葬儀屋はやめとけの理由

  • 人の死に直面するので精神的に病む
  • 不規則な勤務体系なので体力的にもつらい
  • 葬儀屋で働くというネガティブなイメージが強い
  • 人の死を扱うので気を遣うことが多い

 

それではなぜこのような声が出ているのか詳しく見ていきましょう。

 

人の死に直面するので精神的に病む

葬儀屋さんに就職はやめとけと言われている1番の理由は、人の死を間近で取り扱う仕事なので非常に精神的につらい仕事で病みやすいと言われています。

 

病気で亡くなった方などはまだ状態が綺麗な場合が多いですが、事故などで悲惨な状態の遺体を取り扱う場合もよくあります。 また大人だけではなく小さな子供もご遺体として運ばれるケースもあります。

 

そうしたご遺体を見ることで精神的にショックを受ける人が多く精神的につらいことが挙げられます。

 

またご遺体を前にして遺族が悲しみで明け暮れる姿や、揉め事が起きることも見ることになります。 普段は普通の人でもこうした特殊な状況になることで取り乱す人と接する機会も多いので、精神的にタフでないと長く勤めるのは難しい仕事だと言えます。

 

不規則な勤務体系なので体力的にもつらい

葬儀屋に就職はやめとけと言われれている2つ目の理由は不規則な勤務体系や力仕事なども多いことから体力的につらいと言われています。

 

葬儀屋さんの仕事は葬式の進行などももちろん行いますが、それ以外にも多岐に渡る仕事をこなしています。 特に大変なのはいつ依頼が来るか分からない点です。 人の死は誰にも予測できないので、基本的に葬儀屋で働く場合は24時間で勤務を回しているところがほとんどです。

 

そうした不規則な生活リズムや、いつ仕事が入るか分からないというストレスもあり対応するためにはそれなりの体力が必要になります。

 

また葬儀屋の仕事は力仕事も多くあり、ご遺体を運ぶ、棺桶に入れる、ご遺体が入った棺桶を持ち上げるなどの仕事もあり丁寧に取り扱わないといけない力仕事も多くあります。

 

こうした過酷な環境で働かなければならないことから葬儀屋への就職はやめとけと言われています。

 

葬儀屋で働くというネガティブなイメージが強い

葬儀屋への就職はやめとけと言われている3つ目の理由は、世間の目が冷たく葬儀屋で働くことを良く思わない人も多いと言われています。

 

葬儀屋という仕事は、どの仕事にも当てはまらない人の死を取り扱う特殊な仕事です。 特に偏見として多いのが「人の死でお金を稼いでいる」「葬式で高い手数料を取っている」「皆がやりたがらない仕事」という偏見があり傷つける言葉を平気で言ってくる人もいるのが現状です。

 

葬儀屋に対して世間の目が冷たいことから、葬儀屋への就職はやめとけと言われています。

 

人の死を扱うので気を遣うことが多い

葬儀屋への就職はやめとけと言われている4つ目の理由は、遺体を取り扱う仕事の為、細心の注意を払って仕事を行わなければならず大変だと言われています。

 

遺体を丁寧に扱うことはもちろんですが、遺族への対応も重要になってきます。

 

言葉を1つ間違えるだけで大きなトラブルに発展する可能性が高いので接し方や会話の内容なども気をつけて行う必要があります。

 

また宗教の部分で遺族が揉める可能性もあります。 こうした宗教的な部分を問題なく進めれるようにサポートしていくのも葬儀屋の仕事です。

 

こうした繊細な部分にも対応していかなければならないことから葬儀屋で働くのはやめとけと言われている理由の1つになっています。

 

いずみ
葬儀屋で働くのはかなり大変なのね、、

 

いずも
世間の目も冷たくイメージがあまりよくないのもやめとけと言われている理由の1つになっているね

 

次は葬儀屋働くことが世間ではどのようなイメージになっているのか詳しく見ていきましょう。

 

[葬儀屋に就職するのはやめとけ]イメージが悪く嫌われることもある

嫌われるのが怖いと思う時 - 私を生きる心理学

葬儀屋は人の死を扱う仕事なので世間から嫌われやすい仕事だと言われています。

 

実際にSNSではこのような声が上がっていました。

 

 

調べてみると現在でもやはり人の死でお金を稼いでるなどの偏見を持っている人も多くおり心無い言葉をかけられている葬儀屋の人がいることが分かりました。 また就職をする際には人気がなさそうといったイメージもあることから誰にでも就職できるというイメージが葬儀屋にはあることが分かりました。

 

ネガティブなイメージが強い一方で葬儀屋に対してポジティブな声もあったので紹介しますね。

 

 

 

少数派ではありますが、葬儀屋がいないと亡くなった人をしっかりと見送ることができないから必要といった声や、就職を進める人も中にはいました。

 

それでは葬儀屋は働くやりがいはどのようなものがあるのか詳しく見ていきましょう!

 

[葬儀屋に就職するのはやめとけ]葬儀屋で働くやりがい

葬儀屋で働く上でのやりがいは主に4つあることが分かりました。

 

葬儀屋で働くやりがいはこちらになります。

 

葬儀屋で働くやりがい

  • 遺族から感謝される仕事
  • 問題なく亡くなった方をお見送りできたとき
  • 困っている遺族の助けになることが出来る
  • 会社の人たちと協力し難しい仕事を達成したとき

 

1つずつ詳しく見ていきましょう!

 

遺族から感謝される仕事

葬儀屋で働く上で1番やりがいを感じる部分は、遺族から感謝された時です。

 

突然の死などで悲しみに暮れている遺族のために、精一杯その人達と向き合い最後には感謝の言葉をかけていただくことに大きなやりがいを感じている人も多くいます。

 

問題なく亡くなった方をお見送りできたとき

また葬儀の依頼が入ってからお見送りまでには数日かかりますが、そのお見送りまでの仕事を正確に丁寧にこなすことで問題なくお見送りできたときは達成感を感じることができる場面だと言えます。

 

困っている遺族の助けになることが出来る

葬儀屋は亡くなった方の最後の瞬間まで立ち会えることが出来る仕事です。 

 

また遺族などの人への手助けができる仕事でもあるので、人のために仕事がしたい、誰かを助ける仕事につきたいと思っている人にはやりがいを多く感じる仕事だと言えます。

 

会社の人たちと協力し難しい仕事を達成したとき

葬儀屋の仕事は式の開催から遺体の取り扱いまで多岐に渡る仕事を行います。

 

会社の人たちと協力しながら進めていくので、うまく連携が取れ仕事をこなせたときには大きなやりがいを感じる部分になっています。

 

それでは次に葬儀屋の就職に向いている人はどのような人なのか詳しく見ていきましょう!

 

[葬儀屋に就職するのはやめとけ]葬儀屋の就職に向いている人

√100以上 素材グッド 158194-素材グッド 口コミ

葬儀屋の仕事に向いている人はこのような特徴があります。

 

葬儀屋に向いている人の特徴

  • 目の前の仕事を精一杯取り組むことができる
  • 臨機応変に動ける人
  • 体力に自信がある人
  • チームワークが取れる人

 

詳しく見ていきましょう!

 

目の前の仕事を精一杯取り組むことができる

葬儀屋の仕事は人の死とを取り扱う仕事なので中途半端な気持ちで取り組むことは許されない仕事です。

 

遺族の方を精一杯サポートし、目の前の仕事に取り組むことが出来る人が向いている人と言えるでしょう。

 

臨機応変に動ける人

葬儀屋の仕事は突然仕事が決まるので、その都度臨機応変に状況に対応していかなければなりません。

 

葬儀の現場では日々イレギュラーなことが起こるため、即座に対応し責任を持った判断ができる必要があります。

 

体力に自信がある人

葬儀屋は24時間不規則な勤務を行いながら仕事を行います。

 

人の死は誰にも予想できないので急に依頼が立て続けに入り、長時間労働になる可能性も高いです。

 

また力仕事も多く肉体的にも精神的にも疲れることが多いので体力に自信がある人が向いています。

 

チームワークが取れる人

葬儀屋の仕事は個人ではなくチームで動く仕事です。 それぞれがしっかりと役割を持って仕事をしていくので、しっかりと自分の仕事をこなしつつ仲間と協力して仕事をすることが重要になってきます。

 

チームとして動くのが得意な人や、目標に団結して取り組むことが出来る人は向いていると言えるでしょう。

 

[葬儀屋に就職するのはやめとけ]葬儀屋のホワイト企業や求人

ランキング フリー素材 289362-ランキング アイコン フリー素材 - KREATIF

葬儀屋の場合も他の企業と同じように、給与が低く残業が多いブラック企業もあれば、給与も高く福利厚生が整っているホワイト企業も数多く存在します。

 

ここでは葬儀屋のホワイト企業ランキングを売上高と平均年収、勤続年数の3つのランキングを紹介します。

 

また大手の求人にはどのようなものがあるのか合わせて紹介しますね。

 

売上高ランキング

まずは売上ランキングになります。

 

順位 企業名 売上高(億円)
1 ベルコ 475
2 日本セレモニー 342
3 セレマ 280

業界動向サーチ

 

1位はベルコで売上が475億と他の葬儀屋の中でも群を抜いていることが分かりますね。

 

こちらがベルコのHPになります。

 

 

HPを見ても分かる通り幅広いバックアップで遺族の方を支える環境が整っていることが分かりますね。

 

平均年収ランキング

次は平均年収ランキングになります。

 

順位 企業名 平均年収(万円)
1  燦HD 784 
2  ニチリョク 549 
3  きずなHD 529 

業界動向サーチ

 

1位は燦HDとなっており、平均年収は784万円と日本人平均年収の中でも高いレベルに入る年収を実現しています。

 

こちらが燦HDのHPになります。

 

 

燦HDはグループ会社も含めると合計7つの会社から構成されており、自分が葬儀屋としてやってみたい職種を選んで入ることが出来るので非常に魅力的な会社になっていることが分かりますね。

 

勤続年数ランキング

最後に勤続年数ランキングになります。

 

順位 企業名 勤続年数(年)
1 こころネット  16.1 
2  平安レイサービス  12.9
3  燦HD  11.0

業界動向サーチ

 

1位はこころネットで平均勤続年数が16年と長く働きやすい会社であることが分かりました。

 

こちらがこころネットのHPになります。

 

 

こころネットは経営方針に社員が主役となる経営を進めているので非常に風通しがよく働きやすい職場だと言えます。 だからこそ長くその会社で働けるということが分かりますね。

 

大手葬儀屋の求人

次に今回ランキングで1位になった3社の採用情報を紹介します。

 

高年収の案件から自分のやりたい職種を目指せる採用情報もあるかもしれないので是非チェックしてみてくださいね。

 

ベルコ求人サイト

 株式会社ベルコ 求人特設サイト (wagasyade-saiyo.jp)

→職種を選択すれば自分が働きたい区分を選択できるので自分の希望に合った求人を見つけることができますよ。

 

 

燦HDの求人サイト

採用情報|燦ホールディングス株式会社 (san-hd.co.jp)

→こちらのサイトでは各仕事の紹介があり、自分のやってみたい仕事を理解してから求人を見ることが出来るので非常に分かりやすいサイトになっています。

 

 

こころネットの求人サイト

こころネット 採用サイト -福島の冠婚葬祭- - 心人(しんじん)募集! (cocolonet.jp)

→会社紹介から職種紹介まで幅広く紹介しているので入社して働くイメージを沸かせることもでき、こころネットで働くということを理解しやすいサイトになっています。

 

 

就職氷河期っていつ?世代や年齢って?今もまだ氷河期なの?

就職氷河期っていつ?世代や年齢って?今もまだ氷河期なの?

  こんにちは!いずもです!   よく「就職氷河期」や「就職超氷河期」などと言われますが、実際いつなのかと聞かれたら、「氷河期は令和まで続いているのでは?」という声も聞こえてきそう ...

続きを見る

 

 

[葬儀屋に就職するのはやめとけ]まとめ

ここまで葬儀屋の就職はやめとけについて話をしてきました。 人の死を扱う仕事なのでやはりショックなシーンもあり精神的に病みやすいことや、世間から冷たい言葉をかけられる職種であることから就職はやめとけと言われていることが分かりました。

 

しかし葬儀屋の仕事は亡くなった人の最後の瞬間を遺族とともに一緒に見送ることが出来る素晴らしい仕事であると同時に、やはりなくてはならない職業であると思います。

 

今葬儀屋に就職するか悩んでいる人は大変なことも多い仕事ではありますが、やりがいを持って働くことが出来る仕事であることは間違いないので是非挑戦してみてくださいね!

 

この記事のまとめになります。

 

葬儀屋はやめとけのまとめ

  • 人の死に直面するので精神的に病む
  • 不規則な勤務体系なので体力的にもつらい
  • 葬儀屋で働くというネガティブなイメージが強い
  • 人の死を扱うので気を遣うことが多い

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

「就職」のいろいろな悩みを解決!良い就職活動にするポイントはコレ!

「就職」のいろいろな悩みを解決!良い就職活動にするポイントはコレ!

スポンサーリンク こんにちは!いずもです!   誰もが経験する「就職」。でも、この就職を良いものにするにはいろいろな苦難を乗り越える必要があります。また、その苦難を乗り越える事こそが、就職活 ...

続きを見る